結婚指輪のデザインや素材について知りましょう

結婚指輪のデザインや素材について知りましょう

リング

ストレート

ストレートの指輪は、結婚指輪の中でも特に人気が高いデザインになっています。最もシンプルなデザインなので、普段から身に付ける結婚指輪にピッタリです。また、アクセサリーに慣れていない男性でも、気軽に身に付けることが可能でしょう。ストレートは見た目がシンプルになっているので、指の形が強調されやすくなっています。なので、指が細くて長い人が似合いやすいといわれています。

ハート

ウェーブ

ウェーブは指輪に曲線のラインが入るので、優しい印象を与えやすくなっています。そのデザインから女性用と思われがちですが、曲線によって指の関節や太さが目立たなくなるので、男性が付けることによるメリットもあります。ウェーブの中でも、ひねりと呼ばれるタイプや、S字タイプなどさまざまな種類があります。ウェーブは曲線により縦のラインがでます。なので、指が短い人でも長く見える効果があります。

男の人と女の人

幅広

幅広は、シルエットがストレートに近いですが、指輪の幅が広く自由度の高いデザインを施すことができます。自分達の好きな言葉を入れたり、お互いの名前を入れることもできます。幅広は指輪の中でもとにかく存在感が強いので、おしゃれな男性から高い人気を得ています。また、幅が広いので、指をほっそりと見せる効果があるので、太めの指の方におすすめできます。

リング

V字・U字

V字は、結婚指輪のラインにくっきりとしたV型のデザインが施されており、とても印象の強いデザインになっています。U字は、V字のラインを少しだけ緩やかにしたデザインになっています。どちらもポイントが入っている部分に目線が集中するため、指が短かったり、太い人であってもすらっとした印象を与えることができます。個性的なデザインのものが多いという特徴もあります。

結婚指輪の定番素材「プラチナ・ゴールド」比較

プラチナの特徴

プラチナは耐久性が高く、変質や変形をしにくい素材になっています。なので、購入してから長い時間が経っても、購入時のシルエットや見た目をキープしてくれるでしょう。ですが、その分値段が高めになっています。今現在販売されている結婚指輪の多くが、このプラチナ製となっています。加工しやすいので、さまざまな表現をデザインすることができるのも人気の秘訣となっています。

ゴールドの特徴

ゴールドはプラチナと違いさまざまなカラーバリエーションがあります。イエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールドという3色があるので、自分に似合う色を見つけられるでしょう。プラチナより安いというメリットがありますが、その代わりに変色しやすいというデメリットもあります。長期間使用していると、色落ちしてくる可能性があるので、定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。

広告募集中